花粉症は、腸内環境が良くないために発症するという人が少なくありません。大人になってから突然花粉症になってしまったという人の中には、腸内環境が原因という可能性も考えられるのではないでしょうか。腸内環境が原因で起こることもある花粉症は、腸内環境を改善することによって症状を改善することも可能です。

 

腸内環境が改善できる食品の中でも、特に優秀だと言われているヨーグルト。ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたくさん含まれているので、できれば毎日積極的に食べたい食品としても知られています。花粉症対策としてヨーグルトを食べる場合には、どういった点に注意したら良いのでしょうか。

 

ヨーグルトは、どれを食べても乳酸菌はたっぷり含まれているので健康効果も美容効果も期待できますが、花粉症対策のために食べる場合には、ヨーグルトなら何でもよいというわけではありません。フルーツなどが投入されているヨーグルトや、甘みのあるヨーグルトでは、体質を改善するために必要なビタミンが甘味成分によって消費されてしまうので、花粉症対策のためにはマイナスとなってしまいます。ヨーグルトを選ぶときには、できるだけプレーンなタイプのもので、甘くないものを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

 

もちろん、甘くないヨーグルトは美味しくありません。ヨーグルトの中に甘味剤が入っていなくても、ハチミツやメイプルシロップ、黒砂糖などを自分で振りかけることで、甘みを加えることは可能です。この時、白砂糖は使わず、できるだけ自然界に存在している天然の甘味成分を使うようにしたほうが良いでしょう。

 

花粉症対策のためにヨーグルトを食べる場合には、毎食後にデザートとして食べるのがポイントです。おなかがすいた状態でヨーグルトを食べると、強烈な胃酸によってヨーグルトに含まれている乳酸菌がほぼ死滅してしまいます。食後すぐには、胃酸も食事中に分泌されて酸が低下しているので、乳酸菌にとっては生きた状態で腸まで到達できる絶好のチャンス。食後すぐにデザートとして食べるようにしましょう。

 

花粉症対策のためのヨーグルトおすすめ品はこちら

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!