花粉症は、花粉というアレルギー物質が体内に侵入し、体がアレルギー症状を引き起こしてしまうことによっておこります。花粉症の嫌な症状を軽減するためには、花粉に負けない抵抗力や免疫力をつけることができるような食材を積極的に摂取したり、花粉症で起きるアレルギー症状を軽減する働きを持つ成分が豊富に含まれている食品を選んで、積極的に食べることが必要です。具体的にはどのような食品がおすすめなのでしょうか。

 

スーパーで気軽に購入できる食品の中では、バナナがおすすめです。バナナには体内の免疫バランスを整える働きがあるので、花粉症によるアレルギーを起こしにくくする効果が期待できます。スーパーでリーズナブルに購入できるフルーツなので、花粉症が気になる人は1日1本と言わず、毎食1本ぐらいを食べたりして、積極的に摂取すると良いでしょう。バナナには食物繊維も豊富に含まれているので、便秘解消効果も期待できます。

 

納豆もおすすめです。納豆には、腸内環境を改善したり、免疫細胞を作り出す働きがあります。そのため、一日に2回は納豆を食べれば、花粉症をおこしづらい体質を作ることにもつながります。納豆はそのまま食べても良いですし、寮が多くなければ白米にかけて食べるのもOK。長ネギや大根おろしなどとコラボさせることによって、さらに健康効果が期待できます。アレルギーを引き起こしやすい生卵などは、使わないようにしたほうが良いかもしれませんね。

 

ヨーグルトも花粉症対策におすすめの食品です。花粉症のようなアレルギー症状は、腸内環境が悪いことで起こすという人も少なくありません。腸内環境を改善してくれるヨーグルトを食べることによって、花粉症の症状が起きにくい健康な体を作ることもできますし、花粉症の症状も軽減することができます。ヨーグルトを食べるときには、できるだけ食後すぐにデザート感覚で食べるのがおすすめです。食後すぐなら胃酸の分泌が弱くなっているので、ヨーグルトに含まれている善玉菌が、生きた状態で腸内に届けられる可能性が高くなります。

 

花粉症対策のためのヨーグルトおすすめ品はこちら

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!