花粉症の症状は、鼻づまりや目がかゆくなったり、くしゃみが出るなど、体の一部分だけに症状が起きるだけではありません。多くの人は、鼻や口、目など花粉が付着する粘膜部分に不快な症状が現れますが、場合によっては、「これは花粉症の症状なのか?」と疑いたくなるような症状が起きることもあるようです。例えば、頭痛や寒気、悪寒など、全身に起きる症状もあります。

 

なぜ、目や口、鼻の粘膜に花粉が付着することによって起きる花粉症の症状が、全身の症状を引き起こしてしまうのでしょうか?

 

花粉症が原因で「寒気」を感じる人も意外と多いのですが、実は、花粉症が直接的に寒気を感じるような症状を引き起こすというわけではありません。花粉症はあくまでも粘膜に花粉が付着することによって起きるアレルギー症状なので、花粉が体内に入り込んで寒気を感じるということはないようです。しかし、花粉症の症状で目がかゆくなったり、くしゃみや咳が止まらなくなったり、鼻づまりや鼻水などの症状がずっと継続していると、体の抵抗力や免疫力が低下してしまうために、熱が出る前に良く感じるような寒気を感じることもあるようです。つまり、寒気を感じて花粉症かもしれないと疑うのではなく、花粉症の症状が続くことによって、寒気を感じることも少なくないと考えると良いでしょう。

 

寒気以外にも、全身に起きる二次的な花粉症の症状があります。例えば、イライラしたりストレスを感じやすくなったり、精神的に落ち込みやすくなってうつ病的な症状になったり、食欲がなくなってしまう人も多いようです。こうした二次的な症状は、花粉が飛ばなくなれば自然と回復しますが、あまり症状がひどくなるような場合には、専門家の診断を受けて適切な治療をしたほうが良いこともあるようです。たかが花粉、されど花粉。花粉によって引き起こされる症状は、二次的に別の疾患を引き起こす原因になったりして、本当に怖いですね。気を付けたいものです。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!