花粉症は、鼻や口、目などの粘膜部分に花粉が付着することによっておこるアレルギー症状です。目ではっきりと目視することができないほど小さな粒子の花粉ですが、粘膜に付着しなければ嫌なアレルギー症状を起こすこともありません。口や鼻などはマスクによって徹底的に防御することはできても、意外と盲点になっているのが、目の粘膜であることはご存知ですか?

 

目の表面は粘膜になっています。目を閉じていれば粘膜部分が空気中に露出することはありませんが、まさか目を閉じたまま日常生活を送るということも難しいため、誰でも目は開いています。そのため、花粉症の症状も、鼻やのどよりも、まず目に現れる人は少なくありません。

 

どのような症状が出るのでしょうか?花粉症にかかった90%以上の人は、目がかゆくなったり、白目の部分が受血したり、目やにや涙が出やすくなるなどの症状を経験しています。その他にも、瞼がプックリと腫れてしまったり、目の中にごみが入ったような異物感を感じたり、場合によっては花粉症の症状によって目の粘膜部分の免疫力や抵抗力が低下して、結膜炎などの眼精疾患を引き起こす人も少なくありません。

 

花粉症の症状が目に出た場合には、できるだけすぐに眼科を受診することが必要です。目がかゆいからと言って手でゴシゴシこすっていたのでは、目の表面に傷がつきやすくなってしまいますし、手に付いた細菌などが目に入りやすくなります。普段からできるだけ目は素手で触れないことが必要ですが、花粉が飛びまくっている季節には特に、できるだけ目には触れないようにしたほうが良いでしょう。

 

花粉症の季節に起きる嫌な目の症状を何とか乗り切るにはどのような方法があるのでしょう?眼科で処方される目薬を使用するだけではなく、花粉症防止のためのめがねを着用する方法もおすすめです。水中ゴーグルのような形をしていてちょっと見た目には怪しい感じがするというデメリットはありますが、とかく無防備になりがちな目の粘膜を守ってくれるには、ゴーグルタイプのめがねが優秀。他人の目が気にならない場所でなら、そうしたアイテムも着用してみてはいかがでしょうか?

 

アマゾンで人気の花粉症対策眼鏡を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!