花粉症の症状の一つに、咳があります。花粉症によって咳が出るメカニズムは、鼻やのどの粘膜に花粉が付着し、体がそれを異物だと認識するために攻撃成分であるヒスタミンが大量に分泌され、それが咳という症状を引き起こしています。花粉症には、咳以外にも鼻水や鼻づまりなどの症状がありますが、どの症状が起きやすいかはその人によって異なっていて、メインの症状で咳が出る人や、花粉症はそれほどひどくないのに春になると咳が止まらなくなってしまう人などは注意が必要です。

 

花粉症で咳が出ると、まず体力を消耗します。止まらない咳が続くことによって体力がどんどん低下し、それとともに免疫力や抵抗力なども低下してしまいます。それによって、咳をすることによって呼吸器官にある毛細血管がどんどんダメージを受けてしまいます。体力が十分にあれば、毛細血管のダメージも自然に修復できるのですが、止まらない咳が続くことによって、毛細血管のダメージはなかなか治癒できず、どんどんダメージが大きくなってしまい、そのダメージ部分からさらに細菌や花粉などがはいりこんでしまいます。すると、さらに咳がひどくなってしまうという悪循環に陥ってしまうことも少なくありません。

 

近年では、春になると花粉症でなくても咳で悩まされる人が増えています。その正体は、中国から吹いてくる風に乗って飛んでくるPM2.5などの有毒物質。PM2.5 は単体でも人体に有害な物質ですが、花粉症とコラボすることによって、人体にはさらに悪影響を及ぼしてしまいます。PM2.5 は花粉よりもさらに細かい粒子なので、花粉症でマスクをする場合には、咳を少しでも軽く改善できることを考え、できるだけ最小粒子のマスクを使用したほうが良いでしょう。 花粉症の症状による咳は、屋外ではマスクをするなどして、鼻や口、そして目の粘膜から体内に入ってこないように予防するしか方法はありません。しかし、自宅などの屋内では、空気中を浮遊している目に見えない花粉やPM2.5 などの成分を徹底的に除去するために空気洗浄機を使うのもおすすめです。

 

花粉症対策のための空気洗浄機おすすめ品はこちら