花粉症が原因で、頭痛や倦怠感を感じることは少なくありません。花粉症はもともと、目や鼻、口などの粘膜部分に花粉が付着することによって起きるアレルギー症状です。おきる症状は、くしゃみや鼻づまり、目の充血など粘膜部分に起きるケースが多いのは、そのためです。しかし、こうした症状が起きると、体内では花粉という体外異物を撃退するために、かなりのエネルギーを消費してしまいます。そうすると、免疫力や抵抗力が低下してしまったり、体力を消耗してしまうのです。

 

体力が消耗していて、免疫力も抵抗力も弱っている時には、わずかな細菌なども体に入り込みやすくなります。花粉症による花粉という異物を撃退するだけではなく、私たちの体は、風邪などの菌やウィルスも撃退するために更なるエネルギーを消耗してしまいます。

 

倦怠感が起きるのは、体内で花粉やそのほかの菌などの異物を撃退するために、体がたくさんのエネルギーを使っているから。誰でも、疲労困憊な状態になれば体が疲れて熱を持ったり、倦怠感を感じますが、花粉症の症状が起きるだけでも、体内では同じ状態が作られます。自分では特に何もしていないに、疲れる要素もないと思っていても、いつも疲れた感じがしてしまうのは、そのためなのです。

 

疲れると頭痛がするという人は、倦怠感から頭痛を引き起こすことも少なくありません。疲れた時に感じる頭痛は、かなりシャープな痛みで、ゆっくりと眠れば自然に解消されるものが多いのですが、花粉症という数か月間続くアレルギー症状によって引き起こされている頭痛の場合には、寝ても完全になくならなかったり、寝ることで頭痛がなくなっても、翌日にはまた頭痛が戻ってくるというケースも少なくありません。そのため、花粉症による頭痛が起きている場合には、自然になんとかしようとせず、医師に相談して、花粉症の内服薬を処方してもらうのが近道です。

 

頭痛や倦怠感があるときには、無理せずにできるだけのんびりと屋内で過ごすのも悪くようにしましょう。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!