花粉症の症状にはいろいろなものがあります。その人によってどんな症状がどのぐらい出るのかは異なりますし、症状がほとんど出ない人もいれば、日常生活に四方が出るほどツライ症状で苦しむ人も少なくありません。

 

花粉症の症状には、目が充血したり涙が止まらなかったり、鼻づまりや鼻水、くしゃみなど、粘膜系の部分に症状が現れることが多いようです。しかし、花粉症の症状にはまだまだほかにもたくさんあり、頭痛や吐き気など、何か別の病気なのではないかと疑ってしまいたくなるような症状もたくさんあります。なぜ花粉症で頭痛や吐き気が起きるのでしょう?

 

頭痛や吐き気が起きる人の多くは、鼻づまりという症状も併発していることが多いようです。花粉症が起きていない時には、通常は鼻から自然に空気が体内に入り込み、脳に十分な酸素が送られています。意識して脳に酸素を送っているわけでもありませんし、口呼吸をしている人でも、鼻から脳に酸素は送られています。しかし、花粉症を発症して鼻づまりになってしまうと、鼻から脳に酸素が送られにくくなってしまいます。花粉症は、花粉が飛んでいる数か月間はずっと続くので、その間はずっと、脳が酸欠状態になってしまうのです。

 

脳が酸欠状態になると、頭痛や吐き気、そのほか、めまいなどの症状が起こりやすくなります。必ずしもこうした症状が起きるというわけではありませんが、花粉症の季節にいつも頭痛や吐き気が起きるという人は、花粉症によって引き起こされている症状だと考えると良いでしょう。

 

こうした症状を改善するためには、鼻の通気を良くしてあげることが必要です。鼻は花粉が入り込みやすい場所なので、マスクをして花粉が入らないように工夫したり、外から帰ったらうがいをすると同時に、鼻うがいをしてみるのもおすすめです。また、花粉症にかかると毎年必ずかかってしまうので、症状が出てから医者に行くのではなく、症状が出る前から薬を内服し始めるというのも効果的ですよ。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!