花粉症の症状は、人によってどのような症状が現れるかは異なります。花粉が飛ぶ季節になると多く見られる花粉症は、空中を飛んでいる花粉に対して体がアレルギー症状を起こしてしまうというメカニズムで発症しますが、その症状には、花粉が体内に入ってくる玄関口である目や鼻、口などの粘膜に起こる症状もあれば、関係なさそうに感じる部分に起きる症状、そして全身に現れる症状などもあります。

 

その中でも、花粉とは関係なさそうな部分に現れる症状や、全身に現れる症状の中には、花粉症だとは気付かずに、風邪を引いたのかなと感じる症状もあるので気を付けなければいけません。例えば、頭痛や微熱などは、風邪の引きはじめにもよくみられる症状で、くしゃみや鼻づまり、鼻水などの症状がなければ、まさかその症状が花粉症によるものだとは気付かないことも少なくありません。

 

花粉症を発症すると、体内では異物である花粉を撃退しようと、あらゆる部分でエネルギーが消耗されます。そのために免疫力や抵抗力が低下してしまいます。頭痛や微熱などの症状は、免疫力や抵抗力の低下に伴って起こる症状なのです。そのため、こうした症状を抑えるためには、体の免疫力や抵抗力をアップする方法が理想的です。例えば、食生活や生活習慣を見直して、あまり疲れすぎないように体力を温存したり、睡眠時間はできるだけ7時間をめやすに確実に確保するように努めたり、食生活でも免疫力や抵抗力を高めるビタミンやミネラル成分を積極的に摂取することが必要です。

 

花粉症にかかると、毎年こうした頭痛や微熱の症状が出るという場合には、花粉症が発症する2週間前から花粉症の薬を服用し始めると良いでしょう。症状が出てから薬を服用し始めるよりも、症状が出る前に服用を始めたほうが、確実に大きな効果が期待できます。

 

頭痛や微熱がマイルドな状態でずっと継続すれば、花粉症が疑われますが、頭痛がひどくなったり微熱が高くなって発熱した場合には、花粉症以外の原因が考えられるので、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!