花粉症にかかる人が毎年どんどん増えています。これは、花粉が飛ぶ飛散量が増えているということもあるのかもしれませんが、花粉以外にも人体に有害な成分が中国から降り注いで来たり、大気汚染など、人間の体に有害な要素が私たちの身の回りにたくさん存在しているから。そのため、花粉症の症状も、多くの人が辛い経験をするくしゃみや鼻づまり、目の充血のような症状だけではなく、寒気や頭痛、関節痛のように風邪を引いた時と同じような症状が出たり、皮膚が弱い人は皮膚炎をおこしたり、また動悸が起こりやすくなったり、花粉症の症状とは一見すると結びつかないような症状が出るケースもあります。

 

動悸とは、もともとは神経が興奮したり緊張したりすることによって、突然呼吸が苦しくなったり、胸がバクバクしてしまうという症状。動悸は疾病や疾患ではなく、別の病気によって引き起こされる症状の一つで、動悸があれば必ず病気だというわけでもありません。しかし、頻繁に動悸が起きる場合には、不整脈、心疾患、貧血や低血糖症、パセドウ病、更年期などの疑いもあるので、できるだけ速やかに医師の診察を受けることも必要です。

 

花粉症のメカニズムと同期のメカニズムを照らし合せてみると、両者には重なり合う接点がありません。そのため、花粉症の症状として動悸が起きるというわけではありません。しかし、花粉症の時には動悸が起こりやすくなるという人も少なくありません。花粉症と同期にはどのような関係があるのでしょうか?

 

花粉症によって動悸という症状が起きているわけではなくても、花粉症によって免疫力や抵抗力が低下してしまうと、自律神経がバランスを崩しやすくなって、体のあらゆる部分に普段とは変わった変調がみられるということはあるようです。また、花粉症の症状で精神的にストレスを感じている場合にも、動悸が起こりやすくなります。つまり、花粉症によって精神的なバランスが壊れやすくなり、それが動悸を引き起こすこともあるというわけです。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!