花粉症の症状は、人によってどのような症状が出るかが異なります。花粉症にかかる前から喘息を持っていたり、呼吸器系の疾患を抱えている人の場合には、花粉症の症状でも、咳喘息など、呼吸器官にアレルギー症状が起きることも多いようです。

 

呼吸をすると息がヒューヒューと音を出すことでも知られている喘息ですが、もともとこの疾患は、呼吸をする際の気道がアレルギー症状を起こして狭くなってしまうことが原因で起こります。気道部分は粘膜なので、その部分がアレルギー反応を起こすと炎症をおこしたり敏感になったりするという症状が現れます。しかし、炎症を起こしていても人間は生きるために呼吸をし続けなければいけませんし、呼吸をすることで気道をさらに酷使することで、炎症が悪化して腫れ、気道はどんどん狭くなり、喘息の症状が起きてしまうのです。

 

アレルギー症状によって引き起こされる喘息は、花粉症によるアレルギー症状が原因で起こることも少なくありません。ただし、通常の喘息と花粉症の症状の一つとして喘息のような症状が起きるのは根本的な部分で異なっています。花粉症の症状の一つとして喘息とよく似た症状が起きる場合には、咳喘息と呼ばれる症状が起きるのが一般的。一時的な症状なので、呼吸をした時に、息がヒューヒューということもありませんし、のどに痰が絡みやすくなるということもありません。喘息の場合には息をするとヒューヒューと音がしますし、痰が絡みやすいという特徴があります。そのため、花粉がひどい季節でも、花粉症なのか喘息なのかを判断することは比較的容易なようです。

 

しかし、花粉症の症状だからと言って咳喘息を放置しておくと、症状がどんどんひどくなり、一般的な喘息に移行してしまうリスクもあります。花粉症の症状は数か月で収まりますが、たかが数か月間だけだからと放置せずに、症状を抑える治療薬を処方してもらうようにしましょう。日本の国民病とも言われている花粉症は、どこにどのような症状が出るかは個人差がありますし、どのぐらいツライ症状が出るのかも個人差があります。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!