花粉症の症状には、くしゃみや鼻づまり、目の充血のように多くの人が経験するメジャーな症状だけでなく、寒気がしたり関節が痛くなったり、倦怠感のように、風邪を引いた時のような症状が出ることもあります。また、声枯れなど、花粉症とは関係がなさそうな症状が起きることもあるようです。

 

花粉症による声枯れは、口の中から侵入した花粉が喉の粘膜に付着し、アレルギー症状を引き起こすことが原因で起こります。まるで思春期男子のように声変りをしてしまったり、咳が止まらなくなったり、のどがずっとイガイガするような気がしたり、のどに異物感を感じるなど、のどに起きる症状はたくさんあります。

 

花粉症の症状の一つとして声枯れしている場合には、花粉が飛ばなくなってアレルギー症状が治まってくれば、声枯れも自然と解消することが多いようです。それまで、できるだけの土に負担を掛けないように注意しながら生活をするのが理想的なのですが、仕事をしていると、まさか発声せずに仕事ができるという人はかなり少ないため、多くの人は声が出なくても無理に声を振り絞りながら生活することが多いのではないでしょうか。

 

声枯れしている時には、咽に負担がかかっています。そこを無理に発声しようとすると、咽にさらなる負担がかかり、のどの内側で炎症を起こしてしまうことも考えられます。花粉症にかかると、体内では花粉を撃退しようとかなりのエネルギーを消耗して体力がなくなり、免疫力や抵抗力が低下してしまうので、その状態でさらにのどに負担をかけてしまうことは、気管支系の疾患を引き起こしかねません。また、喘息などを引き起こす可能性もあるので、たかが声枯れだと軽く考えないようにしましょう。

 

花粉症の症状で声枯れしたら、どうしたら良いのでしょうか?花粉症は日本国民の多くがかかっている国民病で、人それぞれに様々な症状があり、病院でも花粉症の治療に効果的な薬が豊富にラインナップされています。医師の診察を受け、適切な薬を処方してもらえば、声枯れの症状も少しずつ軽減していくはずです。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!