花粉症の代表的な症状は、鼻水やくしゃみ、目の充血やかゆみなど、目、鼻、口の粘膜部分に起きるアレルギー症状が一般的です。しかし、花粉が飛んでいる季節にはずっと花粉症の症状も収まりにくいため、花粉が飛び始めてから飛ばなくなるまでの数か月間は、花粉症の症状と戦い続けなければいけないという人も少なくありません。

 

花粉症の症状が続くと、体力を消耗します。体力が消耗すると、通常なら健康な抵抗力や免疫力も低下してしまうので、体の別の器官も機能不全に陥りやすくなります。もしも、花粉症によって体力が落ち、消化機能が低下してしまえば、食事で食べた栄養成分が腸内で完全に消化されにくくなってしまうということも、十分に考えられます。花粉症が起きる以前と同じような食生活をしていれば、お腹が痛くなったり、お腹が緩くなって下痢を起こしやすくなることもあるかもしれません。

 

花粉症によって免疫力や抵抗力が低下してしまうと、自律神経にも異常を起こしてしまう可能性もあります。自律神経とは体のいろいろな機能を司っている管制塔のような存在で、自律神経の機能が低下すると、まさか花粉症でこんなところに影響が?と思えるような場所にも影響が出てしまいます。お腹が痛くなったり、夜眠れなくなったり、下痢になったりすることもありますし、体全体がかゆくなったり、湿疹ができたりすることもあるようです。

 

もしも花粉症の症状で、目や口、鼻以外の部分に症状が出た場合には、症状がひどくない場合には様子を見ても良いでしょう。ただし、原因となっている花粉症の症状を少しでも抑えるために、マスクをしたり空気清浄機を使ったり、加湿器を使うなどして、できるだけ体が受けるアレルギー症状を抑えるようにすることも必要です。花粉症によって引き起こされている腹痛などの症状は、花粉症が軽減すれば自然と解消するのが一般的です。しかし、腹痛がひどくなって日常生活にも支障が出てしまったり、腹痛とともに脱水症状を引き起こすような下痢が始まったりした場合には、できるだけ速やかに専門家を受診して、適切な治療をしたほうが良いでしょう。

 

アマゾンで人気の花粉症対策のための空気洗浄機を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!