花粉症に悩む日本人の数は2000万人とも言われていて、多くの国民が頭を抱える国民病と言われています。花粉症の症状には、どんな症状がどんな風に出るのか、個人差がありますが、国民病と言われているほど多くの人がかかるアレルギー性疾患なので、全国のクリニックでは、どこでも豊富な治療薬がラインナップされていて、ニーズや希望に合わせて薬を処方してもらうことができます。

 

花粉症はアレルギー症状なので、花粉が飛ばなくなれば自然と症状も収まります。しかし、花粉が飛んでいる季節には、どんなに完全装備していても完璧に症状を怒らないようにすることは難しいため、薬を服用しながら、症状を効率的に抑えることが必要です。薬を服用することで、花粉症の嫌な症状を抑えることはできますが、一方で、薬の副作用によって日常生活に影響が出てしまうことも少なくありません。

 

その一つが、眠気。花粉症の症状を軽減する作用を持つ治療薬の多くは、眠くたくなったり倦怠感を感じるなどの副作用が報告されています。薬の作用が強くなれば、副作用もその分強くなってしまうため、眠たくなると困るという場合には、薬の作用と副作用との中間地点で、妥協できるラインを見つけて、花粉症と上手に付き合わなければいけません。例えば、勉強に集中しなければいけない子供、運転することが多く、眠くなると困るという人など、花粉症の薬のために眠気が襲ってきたのでは、逆に日常生活に大きな支障が出てしまうという人もたくさんいるのです。

 

最近では、眠気という副作用を徹底的に抑えた花粉症治療薬もたくさん開発されています。しかし、市販の薬でも処方箋の薬でも、眠気という副作用を完全に抑えて花粉症の症状を確実になくすことができるという魔法のような薬はまだ開発されていません。そのため、選択肢の中から自分のニーズに合わせて薬を選ばなければいけません。

 

処方箋としても購入でき、ドラッグストアでも市販されている薬で、眠気という副作用が徹底的に抑えられている治療薬の中でも圧倒的な支持を得ているのは、アレグラ。眠くなりにくい治療薬を欲しいというと、まず最初に処方されるのもアレグラです。この治療薬は、服用を始めてから効果が出るまでに2週間ぐらいの期間がかかるので、花粉症が始まる2週間ぐらい前から服用し始めたほうが良いでしょう。

 

アマゾンで人気の花粉症の薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!