花粉症の症状は、目に起こるものも少なくありません。目にゴロゴロとした異物感が出たり、目の充血、涙が止まらない、目がかゆいなどの症状を感じる人は少なくありませんが、常に目を開けて生活しているため、こうした症状が起きても、まさかマスクで目を覆ってしまうというわけにもいきませんよね。鼻や口の粘膜よりも花粉が付着しやすい目は、花粉症の症状が起きても我慢せずに目薬を使って症状を抑える方法がおすすめです。

 

花粉症の治療薬には目薬もあります。目薬には、花粉症によるアレルギー症状を抑える働きがあったり、アレルギーに負けない免疫力をつける作用を持つ目薬などもあります。使用されている目薬の成分も、薬によって異なるため、裸眼の人ならどんな成分でも問題なくても、コンタクトレンズを着用している人は、コンタクトレンズに影響が出ないことを確認しながら、点眼薬の成分を選ぶ必要があります。

 

花粉症治療のための目薬では、コンタクトを着用したまま使用できるのかどうかも考えて点眼薬を選ぶようにしましょう。有効成分にどんな成分が使われているかによって、コンタクトを付けたままで使用してもOKという目薬もあれば、コンタクトを外さなければ使えないという目薬もあります。

 

例えば、ライオンからラインナップされている「スマイルコンタクト」は、花粉症の嫌な症状をオールマイティに軽減してくれる便利な目薬。コンタクトレンズをしていてもそのまま使えるので、外出先でさっと使うにはとても便利な目薬です。目に染みることもなく、マイルドに使えるのが魅力です。

 

一方、ロート製薬からラインナップされている「アルガード」は、コンタクトレンズ着用時には使うことができないタイプの目薬。これは、有効成分として配合されている成分の中に、ソフトタイプのコンタクトレンズを変形させる働きを持つ成分が入っているから。即効性があって症状を抑えるには優秀な目薬ですから、自宅でコンタクトレンズを着用していない時に使う自宅用にするのがおすすめです。

 

その他花粉症用目薬おすすめ品はこちら