子供から大人まで、多くの人が経験する花粉症。花粉症は、空中を飛んでいる花粉に対するアレルギー症状なので、花粉症の薬を服用することでアレルギー症状を抑えるか、アレルギー症状を起こしにくい免疫力アップをするか、どちらかの治療法が行われます。花粉症の症状が起きると、日常生活に支障が出てしまうほど症状がひどくなることもあるため、症状は我慢せずに、薬によって抑えたほうが良いでしょう。しかし、薬の中には、副作用が出てしまうものもあるので、薬を選ぶ際には、副作用も考えながら慎重に選ぶことが必要です。

 

花粉症の薬による副作用の中でも、最も多くの人が感じているのは、眠くなってしまうという副作用。集中力がなくなってしまったり、気力がなくなったり、眠たくなってしまうという副作用は、自宅の中でリラックスしていられる人なら良いのですが、学校で集中しなければいけない子供や、職場でシャープに頭を回転させなければいけない人にとっては、薬の使用をやめようかなと真剣に考えてしまうほど深刻な副作用にもなりかねません。

 

その他にも、花粉症の治療薬の副作用によって、頻尿になったり、のどが渇きやすくなったり場合によっては吐き気や頭痛などの副作用がおきることもあるようです。

 

こうした副作用は、花粉症の症状を抑えるために我慢しなければいけないものではありません。薬によってどのような副作用が出るかは異なりますから、副作用が出て、日常生活にも影響が出る場合には、副作用が少ない別の薬を処方してもらうことをお勧めします。市販の花粉症治療薬を使って副作用が出ているなら、市販の薬ではなく、医師の処方箋で購入する薬に切り替えることで、副作用を抑えることも可能です。

 

市販の薬と処方箋では、やはり処方箋の方が副作用を抑えることができます。特に、眠気や倦怠感などの副作用が出ない薬を希望する場合には、その旨を医師に告げれば、適切な薬を処方してもらえるはずです。

 

アマゾンで人気の花粉症の薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!