花粉症の症状には、鼻づまりやくしゃみ、鼻水が止まらない、目の充血、目の異物感、目のかゆみ、咳など、たくさんの症状があり、どの症状がどのぐらいの程度で出るかは個人差があります。程度がそれほど重くない人なら、市販の薬を服用すれば日常生活を問題なく乗り切れるということもありますが、複数の花粉に対してアレルギーを持っていれば、花粉症の時期も長くなってしまったり、症状がひどい場合には日常生活にも支障が出てしまうことも少なくありません。何よりも、花粉症の期間の間、数週間ごとにクリニックに足を運んで薬を処方してもらうという作業は、時間も労力もかかりますから、仕事や学校に影響が出ることも十分に考えられます。

 

「花粉症の症状を出来るだけ楽に抑えることはできないかな」 と考えている人に注目されているのが、花粉症のシーズン前に注射を打つことによって、花粉症の症状を1か月程度抑えることができるという治療法。何を注射するかは症状の程度や種類によっても異なりますが、ステロイド注射なら1シーズン当り1回だけの注射で症状をすべて抑えることができますし、アレルギー成分を注射することで免疫力をアップするという注射療法もあります。

 

多くの人が利用しているステロイド注射は、花粉症の症状による炎症などを強い作用を持つステロイドによって抑えることができますが、作用が強ければ当然、副作用のリスクも高くなります。ステロイドの副作用には、内臓器官への負担が大きくなったり、免疫力g低下することで感染症にかかりやすくなったり、ホルモンバランスが崩れて生理が止まったり肌荒れが起きたり、血糖値が上がったり、骨がもろくなってしまうなどの副作用が報告されています。1シーズンに1回の注射療法を、こうした副作用を考慮しても受ける価値があると考えるか、辞めておこうと考えるかは、人それぞれ。万が一の副作用が出ても、体内からステロイド成分を取り除くことはできないため、1シーズンは副作用で苦しむことになることは、あらかじめ理解しておいた方が良いかもしれませんね。

 

アマゾンで人気の花粉症の薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!