花粉症の症状で、目にかゆみやゴロゴロした異物感、涙が止まらない、充血する、などの症状が出る人も少なくありません。こうしたアレルギー症状には、アレルギーを抑えるための点眼薬や、炎症が起きている場合には抗炎症作用を持つ点眼薬を使うことになりますが、炎症を抑える作用が高いリボスチンは、花粉症の治療薬としても人気があります。

 

リボスチンは、塩酸レボカバスチンという成分がメインに配合されていて、アレルギーによる炎症を抑える働きがあります。花粉症の症状でも、目に炎症が起きている場合には、リボスチンが効果的です。普段から裸眼で生活している人なら、医師からリボスチンを処方されても問題なく使ってよいのですが、コンタクトレンズを普段着用している人は、この点眼薬を使う場合には注意しておきたい点があります。

 

リボスチンは、主成分は塩酸レボカバスチンですが、塩化ベンザルコニウムという成分も含んでいます。この塩化ベンザルコニウムはソフトタイプのコンタクトレンズとの相性が悪いため、コンタクトレンズでもソフトタイプを使っている人の場合には、コンタクトを変えるか、別の点眼薬を処方してもらうか、などの選択肢となります。ただし、副作用や目に異常が起きるリスクはとても低いため、医師によっては、大丈夫と判断するケースもあるようですね。念には念を入れたい場合には、花粉症がひどい季節には、ソフトコンタクトレンズはやめて、メガネで生活するようにしたほうが良いかもしれません。

 

リボスチン二はほとんど副作用がないので、小さな子供にも処方されています。しかし、100%副作用が起きないというわけではないため、まれに起きるかもしれない副作用についても理解しておいた方が良いでしょう。リボスチンの副作用には、目が沁みたり、瞼が腫れたり、粘膜部分がただれたり、目の充血がひどくなったり、目の異物感がひどくなったりするなどの副作用があります。おそらく起きないとは思っていても、こうした副作用について理解しておくことで、万が一のリスクを低く抑えることができます。

 

アマゾンで人気の花粉症用目薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!