花粉症の症状は、鼻や口、目などの粘膜部分に起きることが多いと言われています。体内に花粉を侵入させないように、外出時にはマスクを着用している人でも、目まで完全防御することは難しいですよね。日常生活を送るうえでは、いくら目が粘膜で花粉が付着しやすいと分かっていても、まさか目を閉じて生活することはできませんし、花粉が飛んでいようがいまいが、目を開けた状態で生活しなければいけません。

 

そのため、花粉症の症状では、目が充血したり、目がかゆくなったり、涙が止まらなくなったり、目にゴロゴロと違和感を感じるなど、目に症状が出ることも少なくありません。こうした症状はすべて、花粉が目の粘膜に付着することによって起きるアレルギー症状なので、その治療では、体内のアレルギー症状を抑える内服薬を使うと同時に、点眼薬を使うことで、目の炎症を抑えることになります。

 

その中でも抗アレルギー点眼薬として人気のパタノールは、花粉症の治療にもおすすめの薬品。オロバタジン塩酸塩を成分にしている点眼薬で、使用すると速攻で効果を実感できるのが特徴です。炎症性の症状をスピーディに軽減できるので、目の充血や目のかゆみなどの症状を持っている人には、ぜひおすすめです。

 

花粉症の治療薬は、内服する薬だと副作用なども気になりますが、点眼薬ではあまり副作用を気にする人は少ないのではないでしょうか。点眼薬を使うことで眠くなるという症状が起きることは考えにくいため、点眼薬を選ぶ際には「とにかく効果があればいい」と、副作用を考えずに選んでしまう人も少なくありません。しかし、点眼薬でも副作用がある場合もあるので、きちんと理解したうえで、できるだけ副作用が少ない点眼薬を選んだほうが良いでしょう。

 

パタノール点眼薬は、副作用がとても少なく、2歳未満の小さな子供でも安全に使用できるほどマイルドな薬。副作用を抑えるために作用もマイルドにしているため、大人のひどい症状の場合には、パタノールだけでは症状を完全になくすことは難しいこともあります。しかし、長期間使っても安全なので、基本的な点眼薬はパタノールで、特にひどい時には短期間だけステロイド系の薬を使うという人も多いようです。

 

アマゾンで人気の花粉症用目薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!