国民病とも言われている花粉症は、大人から子供まで毎年多くの人が症状で苦しんでいます。花粉症の症状を止める薬は、ドラッグストアでも市販されていますし、医師から処方箋を書いてもらった購入するという方法もありますが、どの薬も、作用が強ければ眠くなってしまうという副作用を持っていることが多いもの。眠い時に自由に寝られる生活をしている人なら良いのですが、子供なら学校で眠くなってしまったり、社会人なら職場で眠くなってしまったり、また、運転中に眠くなってしまったのでは困りますよね。花粉症の薬の中でも、眠くならない薬はあるのでしょうか?

 

眠くなるという副作用が徹底的に抑えられている花粉症治療薬は、市販薬でも処方箋でも人気があります。子供でも安心して服用でき、眠くなりにくい治療薬と言えば、人気ナンバーワンはアレグラ。アレグラはもともとは医師の処方箋が必要な薬で下が、2012年からは市販薬としても購入できるようになっていて、多くの人が服用している花粉症治療薬です。他の薬と比べて眠気が出ないという魅力があるので、眠くならない花粉症の薬を探している人は、ぜひトライしてみてください。

 

アレグラ以外にも、最近では眠くらない花粉症治療薬がたくさん登場しています。鼻のむずむず感や鼻づまりなど、花粉症の症状が鼻に出た場合におすすめなのは、ジルテックという処方箋薬。即効性があるので嫌な症状をスピーディに軽減できるだけでなく、眠くならないので集中しなければいけない時でも安心です。ジルテックをもとに開発された市販薬には、ストナリニZやコンタック鼻炎Zなどがあります。人気ナンバーワンのアレグラと比べてみると、アレルギー症状を抑える作用は、ジルテックの方が優秀ですが、副作用はアレグラよりも出やすいため、ジルテックとアレグラを併用しながら、副作用と症状をどちらもバランスよく抑えるという人も多いようです。

 

市販の薬と処方箋、どちらが眠くなりにくいかというと、やはり処方箋の方が症状に合わせて適切に薬を処方してもらえるため、眠くなりにくいことが多いようです。

 

アマゾンで人気の花粉症の薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!