花粉症治療薬として大人気のアレグラ。もともとはアメリカのサンフィ・ペンティス社によって開発されたアレルギー治療薬で、アレルギー性の鼻炎などの治療に使われていた薬です。日本国内でも、もちろんアレルギー性鼻炎の治療に用いられていますが、花粉症による鼻づまりや鼻水、くしゃみ、鼻のむずむず感など、鼻に症状が出ている場合の治療薬として使われることが多いようです。

 

花粉症の治療薬には、ドラッグストアなどで購入できる市販の薬もあれば、医師の処方箋がなければ購入できない薬もあります。アレグラはもともとは、医師の処方箋によって購入できる薬で下が、2012年からは市販薬としても販売されるようになっているので、ドラッグストアで購入することも可能です。花粉症で鼻の症状がひどく、クリニックに足を運ぶ時間がないという忙しい人なら、とりあえず市販のアレグラで様子を見てみるのも良いかもしれませんね。

 

アレグラには、30mgと60mgのタイプがあります。子供には30mgが処方されるのが一般的で、大人の場合には60mgを処方されることになります。アレグラの作用は基本的には12時間程度持続するので、花粉症の症状を軽減したり改善するためには、毎日2回の服用が必要となります。薬を服用するタイミングは、クリニックによって指導法が少し異なっていて、食事の後に服用するように指導する医師もいれば、食事の前に服用するのが良いという医師もいるようです。どちらの場合にもきちんと服用できればアレグラの作用が期待できますが、食後だとうっかり忘れてしまうこともあるので、確実に服用するという意味では、食前に服用したほうが安心ではないでしょうか。

 

花粉症の治療薬として人気のアレグラは、特に大きな副作用はないと言われています。もともとアレグラは、テルフェナジンという薬が改善された新薬で、テルフェナジンが持っていた「心臓に負担をかける」という副作用も改善されているので、アレグラを服用することで心臓に負担がかかることはないようです。安心してくださいね。

 

アマゾンで人気の花粉症の薬を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!