花粉症の症状は、目や鼻に症状を感じる人が多いもの。鼻や口なら、マスクでカバーして花粉が入り込まないように工夫することはできても、目はそういうわけにはいきません。目の表面は粘膜でできているので花粉がとても付着しやすいという特徴がありますが、日常生活を送るためには、目を閉じて生活することはできません。

 

そんな時に便利なのが、花粉症対策用のめがねです。花粉症が注目され始めたばかりの頃には、マスクをする人はいても、まさか花粉症対策のめがねをしている人はごくまれでした。しかし、最近では花粉症が国民病と言われるほど蔓延し、目の充血や目の異物感、涙が止まらないなど、目の症状を訴える人も多くなり、お洒落な花粉症対策用メガネもたくさんラインナップされています。

 

花粉症対策用のめがねというと、水中ゴーグルをイメージする人も多いのではないでしょうか。以前では、花粉症対策用のものは、花粉が目の中に入らないように密閉するタイプのものが多く、デザインよりも機能性重視ということで、他人から見るとかなり怪しいものが多かったようです。しかし最近では、軽量でお洒落で、まるでスポーツゴーグルをしているかのようなデザインのものも増えています。

 

花粉症対策用のめがねは、基本的に度は入っていません。そのため、普段から眼鏡をかけて生活している人にとっては、どちらのめがねを掛けたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。花粉症対策用のめがねをラインナップしているメーカーの中には、花粉症対策用のめがねに度を入れることができるサービスがオプションになっている業者もあるようですが、花粉症対策用のめがねをオフィスでかけ続けるのは抵抗があるという人の場合には、普段のめがねの上から使用できるタイプなどもラインナップされているようです。

 

花粉症対策用のめがねは、ブランドやメーカーによって価格は異なりますが、リーズナブルなモノなら1500円程度、高価なものでも3000円程度で購入できるものが多いようです。

 

アマゾンで人気の花粉症対策眼鏡を見る!

 

花粉症対策商品 当サイト人気ランキングを見る!