花粉症が気になる季節になると、街にはマスクをした人であふれかえります。中には風邪でマスクをしている人もいるのでしょうが、大半は、花粉症としてのマスク。オーソドックスなマスクをしている人もいれば、ファッショナブルな感じのマスクをしている人もいたりするのですが、花粉症対策としてマスクを選ぶ際には、どんな点に気を付けて選んだら良いのでしょう?

 

花粉症対策でマスクをするのですから、花粉がマスクを通らないことは、マスク選びの必須条件となります。花粉症を引き起こす花粉の種類はたくさんありますし、それぞれに粒子の大きさが異なります。そのため、自分がどの花粉に対してアレルギーを持っているのかわかっている人は、確実にその花粉が通らない細かい網目のマスクを選ぶようにしましょう。

 

花粉症ということは自覚しているけれど、具体的にどの植物に対して花粉症なのかが分からないという場合には、できるだけ目の細かいマスクを選んだほうがおすすめです。ちなみに、スギ花粉の粒子は20μm程度〜40μmぐらい、ヒノキ花粉の場合にはスギよりも花粉の粒子が大きめで、30μm〜40μm程度と言われています。花粉症対策用のマスクの中には、網目の細かさが明記されているものも多いので、ぜひそうした仕様部分もチェックしながら、マスクを選びましょう。

 

素材選びも大切です。マスクには、ガーゼ素材のものと不織布タイプのものがあります。花粉症対策でおすすめなのは、ガーゼタイプ。不織布は一見すると花粉を通さないような感じもしますが、構造が複雑になっていて、花粉が付着しやすいという特徴があります。不織布とガーゼを比べれば、花粉症にはガーゼがおすすめですが、それでもガーゼは花粉が通過しやすい素材なので、花粉症対策として素材を選ぶなら、ガーゼ素材の中でも、多層構造になっていたり、フィルター機能が内臓されているようなものを選んだほうが良いでしょう。

 

最近では、立体構造になっていて、マスクと肌の隙間から花粉が入り込みにくいような工夫がされているマスクもあります。フラットなタイプ、立体的なタイプでは、立体的なタイプの方がガーゼと肌の間に隙間ができにくいので、花粉症対策としてはおすすめです。

 

アマゾンで人気の花粉症対策マスクを見る!