屋外を飛ぶ花粉は、どうにもすることはできません。花粉を吸いこんでしまわないように、メガネやマスクなどで自分自身を守ることしかできません。しかし、自分が毎日生活している屋内では、できるだけ花粉を取り除いて、快適な環境で生活したいですよね。花粉が飛ぶ季節には、外から花粉を持ち帰ってしまうことも多いため、掃除をする場合にも、できるだけ花粉を室内に入れないように気をつけながら、家に入ってきた花粉を効率的に排除するようなお掃除が必要となります。

 

まず、布団を外に干すのは厳禁。花粉が飛ばない季節なら、布団を干すことによって効率的に乾燥できますが、花粉が飛ぶ季節では、布団は乾燥しても、花粉もたくさん付着してしまいます。外に干す代わりに、布団乾燥機を使ったり、室内で乾燥できるテクニックを駆使しましょう。

 

普段のお掃除では掃除機を使っている人でも、花粉が飛ぶ季節には、掃除機で掃除をすると、花粉を排除できないどころか、部屋の中にまき散らしてしまうことにもなりかねません。花粉を取り除くためには、まず空気をしっかり加湿して、花粉を床に落としてから、拭き掃除でふき取るのが最適です。掃除機やはたきなどは、花粉が飛ばない季節に利用するようにしましょう。

 

「窓を開けると花粉が入ってくる」と心配な人も多いと思います。確かに、花粉が飛ぶ季節には、窓の外は花粉だらけ。空気の入れ替えのためとはいえ、窓を開ける行為が必ずしも賢いとは言えません。換気をするなら、花粉が飛んでいない夜中、もしくは日の出前の暗いうちに行うようにしたほうが良いでしょう。夕方よりも朝方、がおすすめです。

 

掃除ではありませんが、花粉を室内に持ち込まないための工夫もおすすめです。例えば、花粉を内部に吸収しやすいウール素材やフリース素材などは、花粉症の人にとってはタブー素材。簡単にさっと払い落とせるようなツルツルなサテン系素材を利用したほうが良いでしょう。

 

また、室内に待っている花粉が、枕カバーに付着している可能性もあります。枕カバーは毎日洗濯するという方法も、意外と効果的ですよ。

 

花粉症対策のための掃除機おすすめ品はこちら