花粉症の原因は、空気中を飛ぶ花粉です。花粉は基本的には屋外を富んでいるので、室内にまでは入ってこないだろうと考える人も多いのですが、実は知らず知らずに室内にも花粉が存在していることは少なくありません。

 

例えば衣類。外出中には、マスクやメガネなどで花粉症の症状が起きそうな場所はしっかりと完全装備している人でも、まさかジャケットやシャツ、バッグ、靴などに花粉が付着していることまでは頭が回らないことが少なくありません。目にはっきり見えるわけではない花粉は、空気に触れている表面なら衣類でも鞄、靴、髪などにも付着しています。花粉症対策をするなら、外から室内に入る場合には、玄関の外で軽く衣類をはたいたり、髪をさっと払ったりして、付着している花粉を出来るだけ払い落としてから室内に入るようにしましょう。

 

また、室内では加湿器も活躍してくれます。花粉は目に見えるわけではないので、どこをどのように飛んでいるかは分かりません。しかし、空気が乾燥していれば、ほこりや細菌と同じように、長距離を飛ぶことができます。そのため、花粉を室内でできるだけ飛ばさないようにするためには、室内の空気が乾燥しすぎないように工夫すればよいのです。加湿器を使って空気中に水分が十分にあると、花粉がそれほど飛べなくなります。

 

空気洗浄機もおすすめです。花粉は細菌やほこりなどと同じように、目視することはできません。そのため、毎日生活している室内空間でも、花粉がどのぐらい飛んでいるのかをチェックすることができないのです。しかし、空気洗浄機を使うことで、空気中の花粉を自動的に排除することができます。空気洗浄機を使う場合には、部屋の大きさにあったサイズの空気洗浄機を使うように心がけると同時に、フィルターのお掃除はこまめに行うようにすると良いでしょう。花粉が飛ぶ季節には24時間ずっと空気洗浄機をオンにしておくという家庭も少なくないので、寝ている間にもうるさくならない静音タイプを選ぶようにすると良いですね。

 

花粉症対策のための空気洗浄機おすすめ品はこちら