花粉症は、空気中を飛び散る花粉に対するアレルギー反応です。花粉を吸いこんでもまったくアレルギー症状が起きない人もいれば、自覚症状はあるけれど日常生活には支障が出ない程度という人もいたりします。また、仕事が手につかないほど重度の症状で悩まされる人も少なくありません。

 

もしかしたら自分は花粉症かもしれないと感じたら、多くの人はドラッグストアで花粉症用の薬を購入し、服用してみるのではないでしょうか。そして、それで症状が治まれば「医者に行かずに対応できそうだ」と、そのまま市販の薬を服用することでしょう。しかし、市販の薬では症状が軽減できなかったり、一つの症状は軽減できても別の症状には全く効果がなかったりする場合には、病院を受診して、自分の症状にあった薬を処方してもらうことをお勧めします。

 

花粉症で病院に行く場合には、どこの診療科を受診したら良いのでしょうか?近所にかかりつけの内科がある場合、そこで対応してもらうこともできます。目がかゆいとか、涙が止まらないとか、目に症状が出ている場合には、眼科を受診してももちろんOK。鼻がムズムズする、鼻づまり、鼻水が止まらない、くしゃみが止まらないなど、鼻に症状が出る場合には、耳鼻科を受診しても良いでしょう。

 

花粉症は国民病と言われているほど、多くの人がかかる疾患で、それぞれにどこにどのような症状がどのように出るのかは個人差があります。そのため、全国の病院ではたいてい、花粉症に対応できる準備が整っていることが多いようです。もちろん、外科のように全く関係ない診療科を受診しても、期待できる治療は受けられないかもしれませんが、内科、皮膚科、眼科、耳鼻科、小児科あたりなら、どこでも問題なく対応してもらうことができるはずです。

 

花粉症は、一度かかると、引越しをして花粉が飛んでいない地域で生活しない限りは、必ず同じ季節にかなり高い確率でかかります。そのため、病院へも、毎年同じ時期に足を運ばなければいけません。総合病院や大学病院など規模の大きい病院では、気が遠くなるほどの待ち時間が予想できるだけでなく、それだけ待っても診療内容は、近所の小さなクリニックとあまり変わりません。そのため、花粉症で受信するなら、あえて大きな病院に行かず、かかりつけの小さな病院をみつけ、そこに毎年通うようにしたほうが良いでしょう。