花粉症の症状にはいろいろなものがありますが、その中でも目が充血したり、目がかゆくなったり、異物が入っているような感じがあったり、涙が止まらなくなったりするなど、目の症状を訴える人は、花粉症の約半数にもなるのだとか。花粉症の症状が他にも出ている人なら、医師の診察を受けて薬を処方してもらうことも多いでしょう。しかし、ただ目がかゆくなる程度の場合には、ドラッグストアなどで市販の薬を購入して済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

市販されている花粉症のための目薬は、花粉によるアレルギー症状を抑える効果が期待できます。目がかゆかったり、鼻もムズムズするなど、明らかに花粉症が疑われる場合には効果が期待できますが、花粉症ではない別の成分に対するアレルギーだったり、アレルギー反応ではなくドライアイやコンタクトレンズが原因という場合には、こうした症状が出ても薬は効果がありません。花粉症かどうかが分からない場合には、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。

 

花粉症のための目薬には、いくつかの成分が配合されています。

 

アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの分泌を抑制する効果のあるクロモグリク酸ナトリウムには、目の充血やかゆみなどを抑える働きがあります。この成分は「アレルギー症状を起こさないようにする」という作用があるのが特徴です。

 

目薬に配合されていることが多いマレイン酸クロルフェニラミンという成分は、すでに目の粘膜で起きている炎症や症状を抑える働きが期待できます。アレルギー症状を起こさないようにするのではなく、すでに起きているアレルギー症状を軽減、鎮静する働きがあります。

 

目の充血が気になる場合には、塩酸テトラヒドロゾリンという成分が有効です。目の充血や赤みを抑える働きがあるので、花粉症の症状で目が赤くなるという場合には、この成分が配合されている目薬を使用すると良いでしょう。

 

これらの成分は、花粉症用の目薬の中に少量ずつすべて配合されていることもあれば、特定の成分が集中的に配合されているものもあります。ニーズと症状に合わせて選んでくださいね。

 

花粉症用目薬おすすめ品はこちら