日本の国民病とも言われている花粉症。花粉症には目の充血やくしゃみ、鼻づまり、咳などたくさんの症状があり、どの症状がどの程度出るのかは個人差があります。子供から老人まで大勢がかかる花粉症は、同じ症状を止める作用を持つ薬にもたくさんの種類があり、作用の強さやライフスタイルなどによって、自分にピッタリのものを見つけることが必要です。

 

花粉症の薬は、大きくいくつかに分類することができます。

 

まず、アレルギー症状を抑える抗アレルギー薬。花粉が皮膚や粘膜に付着すると、体内では異物を攻撃するヒスタミンという成分が大量に放出されます。抗アレルギー薬は、ヒスタミンが出ないようにコントロールする働きがあります。花粉症の症状がマイルドな場合には、抗アレルギー薬だけでも十分に花粉の季節を乗り切ることも可能です。

 

内服薬に多いのは、抗ヒスタミン薬という薬。病院で処方される薬だけでなく、市販の花粉症対策の薬にも入っているのが特徴です。花粉に対するアレルギー反応によって、大量に放出されたヒスタミンを、確実に抑制する働きがあり、抗アレルギー薬よりも確実ではっきりとした効果が期待できます。

 

花粉症にはステロイド薬も使われています。内服薬ではなく、点眼薬や点鼻薬など、目や鼻などの粘膜部分に塗布することによって、炎症を抑える働きがあります。花粉症による目の充血や目の異物感、涙が止まらないなどの症状が出ている場合には点眼薬が処方されますし、鼻づまりや鼻水、くしゃみなどが起きている場合には、点鼻薬が処方されますが、こうした症状が起きていない場合には処方されることはありません。

 

花粉症で病院に行くと、内服薬や点鼻薬、点眼薬などを処方してもらうことができます。しかし、ドラッグストアでも、花粉症対策の薬を購入することは可能。どちらの方がおすすめなのでしょうか?気軽にさっと買いやすいのは市販薬ですが、多くの人に平等に作用が出るように作られているだけでなく、万が一の事故を防ぐために、作用もある程度抑えられていることも少なくありません。副作用が強く出るケースもあるので、眠くなったり、集中力が欠けてしまうということはあるようです。処方箋の薬は、副作用が抑えられているので、仕事や学校でぼんやりしているわけにはいかない場合には、処方箋の薬の方がおすすめです。

 

花粉症の薬おすすめ品はこちら